八月の狂詩曲

『八月の狂詩曲』(はちがつのラプソディー)は、1991年に公開された日本映画です。
村田喜代子さんの芥川賞受賞小説 『鍋の中』を、黒澤明監督が映画化したものです。

キャッチコピーの「なんだかおかしな夏でした…。」からも見れるように、
ストーリーはある夏休みから始まります。

長崎から少し離れた山村に住む老婆・鉦のもとに一通のエアメールが届きます。
それは鉦の兄であるハワイの大富豪・錫二郎の息子・クラークからで、
不治の病にかかり余命短い錫二郎が、死ぬ前に鉦に会いたいというものでした。
ところが、兄弟が多い鉦には錫二郎という兄の記憶がなく、
そんな鉦の気持ちとは裏腹に、
突然現れたアメリカの大金持ちの親せきに興奮した息子の忠雄、
娘の良江はハワイに飛んで行ってしまう。

それによって残された4人の孫・縦男、たみ、みな子、信次郎は
夏休みを鉦の家で過ごすことになります。
孫たちは鉦の家の生活に退屈しながらも、長崎の街にある戦争の傷跡や
鉦がいつも話す昔話を聞いて、原爆で祖父を亡くした鉦の気持ちを
次第に理解するようになります。

そして、鉦がついにハワイに行く気になり、
縦男はその旨を手紙に書いてハワイに送りますが、
それと入違いに忠雄と良江が帰って来てしまいます。

手紙のことを知った二人は、その手紙に原爆のことが書いてあることを知り、急に落胆。
アメリカ人には原爆の話をしてはいけないと言います。

そんな時、突然クラークがハワイからやって来て、
縁台で鉦と手を取り合って対面を喜ぶクラークは
「ワタシタチ、オジサンノコトシッテ、ミンナデナキマシタ」と
たどたどしい日本語で語ります。

そして長崎で孫たちと楽しい日々を送っていたとき、
錫二郎の死を告げる電報がクラークのもとへ届き、クラークは急いで帰国。
鉦も縁側でその電報を握りしめていつまでも泣き続けます。
そしてこの時から鉦の様子がおかしくなっていきますが・・・

この映画は、なんとリチャード・ギアさんが出ているんです。
実はとても安いギャラででていただいたといいます。

この映画もhuluで配信されているので、是非みてみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook

関連記事

PR広告

  • ネットスーパーなら
    カスミのネットスーパーはインターネットで簡単注文、即日の配達が可能なのでネット通販よりも早く、商品を新鮮なままお届けします。食品から日用品まで取り扱い多数。激安お買い得
  • 【PR】通販 物流
    通販物流の代行・アウトソーシングをお考えなら、通販物流会社の徹底比較と無料一括見積ができる「通販物流ナビ」を是非ご活用ください!述べ2万件以上のご紹介実績のある当サイトなら、貴社ネットショップに最適な物流通販サービスが必ず見つかります。当サイトに登録された100社を超える通販物流会社の中から、最大6社を厳選し、無料でご紹介いたします。
  • 内定者サイト
    内定者フォロー10年のノウハウがここにあります。内定者専用サイト「内定者SNS」の内定者SNSパックは内定者辞退の抑制、連絡業務の軽減、戦力化を図ることが可能。数多くの人事担当者様のノウハウ、要望を反映し、その使い勝手には高評価を頂いています。

同じカテゴリの人気記事