東京物語

「東京物語」は、小津安二郎監督、笠智衆主演の1953年制作の映画です。
昭和28年度文化庁芸術祭参加作品になっています。

1953年の夏、尾道に暮らす周吉とその妻のとみが東京に旅行に出掛けます。
東京に暮らす子供たちの家を久方振りに訪ねるためです。

しかし、長男の幸一も長女の志げも毎日仕事が忙しくて両親の相手をできず、
寂しい思いをする2人を慰めたのが、戦死した次男の妻の紀子。
紀子はわざわざ仕事を休んで、2人を東京名所の観光に連れて行きます。

両親の世話に困った幸一と志げは、2人を熱海の旅館に宿泊させますが、
その旅館は安価な若者向きの旅館で、2人は騒々しさになかなか眠れません。

翌日、熱海から早々に帰って来た2人に対し、志げはいい顔をしておらず、
居づらくなった2人は志げの家を出ていきます。
周吉は在京の旧友と久方振りに再会して酒を酌み交わし、とみは紀子の家に泊まることに。

周吉は旧友に本音をぶちまけるほど泥酔する。
深夜、泥酔状態のところをお巡りさんに保護されて、志げの家に帰ってきてしまう。
2人は、子供たちからはあまり温かく接してもらえなかったが、
それでも満足した表情を見せて尾道へ帰ります。

ところが、両親が帰郷して数日もしないうちに、
とみが危篤状態であるとの電報が子供たちの元に届いた。

子供たちが尾道の実家に到着した翌日の未明に、とみは死去した。
幸一と志げは悲しみつつも、間もなくさばさばした乾いた表情を見せはじめる・・

このきめ細かい家族の心情の描写が評価され、
当時海外の映画雑誌にも紹介されました。

この映画をhuluの映画配信サービスを通してみて、
家族のありかたについて振り返るのもいいかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook

関連記事

PR広告

  • 【イチ押し!】it 転職
    エンジニアの派遣、プログラマーの求人情報など、技術者派遣のパナソニック エクセルスタッフ。紹介予定派遣で正社員になりたい、未経験からチャレンジしたいなど、キャリアプランに合った仕事情報を探すことができます。
  • カラコン ブラウン
    カラコン通販サイト ドリームラボ DREAMLABOは人気・流行のカラーコンタクトをいち早くお届けする通販サイトです。度あり カラーも豊富に取り揃えています。
  • つくばみらい市 フィットネス
    茨城県竜ヶ崎市馴馬町のフィットネスクラブ・スポーツクラブ・スポーツジム【スポーツクラブ ルネサンス 竜ヶ崎】。プログラム内容、スクール情報、施設、料金などをご案内。利根、稲敷、牛久、河内、取手、江戸崎、佐貫駅周辺にお住まいの方はぜひお越しください。

同じカテゴリの人気記事